PhoTraveLife

旅と写真で綴る、穏やかな日々を。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
屋久島がつなぐもの。

今日から、
第1回・写真交換会 in 名古屋です♪
みんなでお泊まり。
関東組が多いのに、名古屋開催。
なんでだっけ。成り行きでだろうなぁ。
まぁ、楽しいなら何でもあり、ですね(笑)


************
 
チーム名は、「自由人`s」。

2009年4月、屋久島の旅。





それぞれの想いをもって集まった、愛すべき自由人たち。
9月、第2回・写真交換会in 屋久島という、恐るべし自由人たち。  


                                                     
   森の中で、

   








                              
    海辺で、                          
          










   滝のそばで、













おもしろいくらいに、自由な動きをしていたメンバー。
写真を撮るときは、誰かと一緒・・とかではなく
ひとりひとり好きなものへ向かう。
休むときも、お弁当も、
ひとりひとり好きな場所へ向かう。

ガイドの けんちゃん&なおちゃん も驚くほどの自由さでした。
全員がそんなスタイル。(私も含めて)
だからといって、決してバラバラなわけではないんですよね。
自分の感覚を最大限に生かして、
屋久島という場所を感じていたんだろうな、と。

そんなメンバーが集まってたから、
とても、居心地のよい時間を過ごせたんだと思います。

それをすごく実感できたのは、
みんなを見送って、最後にひとりになった時。

みんなと一緒の中で自由でいることと
ひとりだけで自由でいることは、
同じように見えて全然違うんだと思ったんですよね。
どちらが良いというわけではなく、
そう、気づいた。

「屋久島に帰りたい。」
行きたい、ではなく、帰りたい。
そういう気持ちにさせてくれる場所。
そんな場所に出会えて、嬉しい。

そう思えるような場所に
まだまだ、出会いたいものです。

9月の屋久島は、どんな旅になるのかなぁ。
いまから楽しみです♪

***********

樹々や苔に射し込む光。ここにしかない「緑」が浮かぶ。







樹に向かうと、語りかけてくるような、不思議な感覚。
ただそこにいるだけで感じるものが、確かに、あった。





樹の中に入って空を見上げるって、なんて、贅沢な空間なんだろう。


ましてや、ガジュマルの樹に登って空を見上げたり、大地を見下ろせるなんて。



行ってみてわかったこと。
ここは、誰かから教えられてわかるところじゃないんだなぁ、と。
自分で観て、触れて、聴いて、心から感じるところ。
想像を超えるって、こういうことなんだ。
心からそう思えた場所、屋久島。










屋久島についた夜、けんちゃん&なおちゃんからもらった旅のお守りと、
屋久杉をひたすら磨いて作った、お手製のネックレス。
帰ってきてきてから、毎日つけてます。
普段アクセサリーはつけないけど、これはちょっと特別。

                                   **photo by koma**









 
屋久島 | 00:07 | comments(2) | trackbacks(0)
<< | 2/2PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Twitter
bluesky
OTHERS
RECOMMEND

ぼくを探しに
ぼくを探しに (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン
旅にでることは、
自分に向かうこと。
足りないものをひっくるめて、
自分を認めてあげること。
大切なことは、いつもシンプル。
10年以上前からの、
私のココロの一冊です。
The Rose
The Rose (JUGEMレビュー »)
Bette Midler
中学生の時、ふと、聴こえてきた曲。
『The Rose』
一瞬でこの曲に落ちて、
今でもBestSongです。
周りにいる大切な人たちを想う、
ココロの一曲です。
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば (JUGEMレビュー »)
Beretta P‐07
フォトグラファーが、
自ら撮った写真に言葉をつける。
私の写真も数枚載ってます。
あの頃の、
『語る写真』への思いがつまってます。
SPONSORED LINKS