PhoTraveLife

旅と写真で綴る、穏やかな日々を。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
のんびり、行こう。
今日から屋久島の旅!

一年半ぶり、そして夏は初めて。
森に海に沢に、とことん身を置いてこよう〜

いつもいつも、
屋久島を訪れる前後って、いろんなことが起きるんだよなぁ。

ということで、
そんなイロイロ、
流してクリアにしてきます〜♪


ただいま、鹿児島空港。
すぐ乗り継げるはずが、Delayのアナウンス。
まぁ私の旅人生では、けっこう当たり前のハプニング。
慣れっこですな、笑。

では、いざ屋久島へ。
地球探検隊 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0)
旅の満腹感。
 
今日はひさびさに、
探検隊オフィス、スタッフ全員揃いました。

トミーさんはカナダ&アメリカの旅から、
なぐさんはモンゴルから、帰国。

やっぱりね〜
帰国ほやほやの旅話って、聞くだけでも満腹感がある。
写真と一緒ならなおさら、
自分が旅してたかのような気分になっちゃうしね。

しかも、来社してくれた方が、
昨年、私が参加したペルー&ボリビアの多国籍ツアーを検討中で
話してるうちに、旅の記憶が蘇ってきて。

こんな時は、
「あ〜旅したいなぁ」って、ただただ思う。
一緒に旅する人も、旅する場所も、
その時の旅人の勘で決めるような、そんな旅。


そんなこんなで、
来週からは、屋久島の旅!
夏に訪れるのは初めてだから、
ザブンと屋久島の水にもぐって(泳げないけど)、浄化してこよう〜
浮き輪、持って行かねば、笑。

今月は、山形&名古屋&逗子&屋久島で、
来月は、朝霧高原トレラン&富士山登山&北海道・釧路川でカヌーくだり。
北に南に、旅三昧。
大丈夫か、自分・・・

人生、いろんなことが起きるもんですなぁ。
そんな、夏の今日この頃。







地球探検隊 | 22:44 | comments(2) | trackbacks(0)
夏の旅&秋の旅。
 
7月ですなぁ。
一年のうちで、一番好きな月。

日ごろからテンション低めなんですが、
(知ってる方は知ってるかなぁ、笑)
この季節はウキウキしてます、ちょっとだけ。

とろけそうな暑さの中、
夏の旅に思いを馳せられる日々は、やっぱり好き。

7月、山形へ帰省。(実家でひたすらのんびり〜)
8月、屋久島へ帰省。(ここは帰る場所、に思えてしまう〜)

そして、

9月、釧路川カヌーへ初旅。(数日前に同行が決定♪)
カナディアンカヌー、初チャレンジです。



実は昔から水が苦手・・・というのもあって
探検隊の、いわゆる水ものツアーはあえて避けてきたのだけど、
この旅だけは、『いつか』、行くんだろうなぁと思ってた。
旅人の勘。
そんな『いつか』はやってくるんだよね。
行くべき時に、必ず。

ガイドの「がってん」。
一緒に旅した人たちが口を揃えて言うのは、
その佇まいや言葉すべてが、心に響く、って。
会ってみたいなぁと、ずっと思っていたけれど
オフィスにも何回か来てもらっているのに、いまだ会えてなかった。

あぁそうか。

私が会えるのは、
彼のfieldの釧路川なんだなぁなんて思えてきた。
会うべき時に、必ず。


川のほとりで焚き火をしながら、

キャンプ料理とは思えない・・・というほどの
噂のおいしい料理を食べながら、

ゆらり流れ流れて、カヌーで釧路川をくだる旅。
ゆったりまったり、一緒に旅しませんか〜







地球探検隊 | 22:12 | comments(1) | trackbacks(0)
旅するカフェバー、Open。
 
いよいよ、
地球探検隊の旅するカフェバー、Openです!


金曜の夜、
ガイドさんや会社関係の方々を招いたパーティーを開催。
賑わう店内に、自然とココロがワクワクしてきました♪

乾杯の音頭は、
この場所を創り上げてくれた、大工の棟梁・マサヒロさん。
ひとつひとつのモノに、
熱いこだわりがあって、生み出されるセンスがあって
これがプロの仕事なんだと、ガツンときました。
私もそうでありたい、と。





濃ゆいメンツが揃った、大工3人組み「ペンターズ」。
お、棟梁が壊れてきた〜(笑)



続いて、隊長挨拶。
ここに懸ける想いを、語る。

なぜ、こういう場所を作りたかったのか。
誰のために、作りたかったのか。


いつもにまして、熱々でした。
「男の夢」ですからね、そりゃそうです。


そして、
いろんな縁がつながって、ここまで辿り着きました。
お手伝いをしてくれたみんな、
ここに関わってくれた全てのひとに感謝です。


ガイドさんたちも駆けつけてくれましたよ。
ナグモさん、いい笑顔っすね〜


お、楽しそうなひと、発見〜〜


トミナガさん、ウケルんですけど・・・(笑)



そしてそして!
旅するカフェバー、新しいスタッフの7人です!
ステキでしょ〜
ステキなんです、とても♪


新生・地球探検隊に、
「飲み」に「語りに」、

何より、「会いに」きてくださいね。




地球探検隊 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0)
夏のカナダ、自転車旅。〜探検隊風〜
 
今年の夏は、いつもと違う流れを感じる。
旅もそうだし、何となくの感覚もそう。

スタッフそれぞれが、世界各地へ飛んでいくのだけど
いまは、カナダが熱いんです、とても。

ひとつの決断を、翻すまでの熱さっぷり。
*詳しくは、トミーさんのブログを・・・ 

人の想いは、
伝わるべき時に伝わるんだなぁと、
ひっそり思う今日この頃なのです。


で、ひっそりな気持ちは置いといて・・・
私の人生においての、「カナダ」。



カナダは、
大好きな国で、かなり思い入れのある国で、
一生忘れない体験をした国でもある。(良くもわるくも、笑)

カナディアンロッキーの麓にある街、バンフで暮らした2年間。
現地ガイドをしながら、
あんなにも美しい場所にいられたことは、
すごく幸せなことだったなぁと、今でも思う。

山々や湖や氷河や動物。
ガイドをしていたカナディアンロッキーの風景は、
毎日見てても、飽きることなく、
不思議なほどに惹きつけられていた。

私がいつも、車の中から眺めていた場所を
自転車で走るって、どんなんなんだろう〜
世界一美しいハイウェイ、と言われてたくらいだから。

カナダについて語れと言われたら、うざいくらい語れます〜
いまでも、
山の名前とか標高とか、
湖の名前とか、氷河の名前とか
由来までけっこう覚えてるもんで。
興味ある方いたら、「氷河湖のでき方」、聞いてください(笑)

一緒にカナダで風を感じる仲間はまだまだ募集中。」
締切りは、6/29(水)ですよー。

***

久しぶりにデータを探し出しました、若かりし日の・・・。
ほんと、こんな色の湖ばかり。氷河湖ならでは〜


キャッスルマウンテンの山頂より。
たぶん、この頃から、
自然の中にいる心地よさに、気づいていったんだと思う。
ここも、自転車で走るところから見える山。


運が良ければ、こんな野生の動物に出会えます。
白くてカワイイ、マウンテンゴート。
山の絶壁に住んでるので、じっくり探せばいるかも〜。


ビックホーンシープ、だったかな〜。まぁ、ヒツジさんですね。
山から下りて来て、道路とか岩を舐めてます。
そこから塩分補給、しているとの噂。


たまには、こんな子も〜。










地球探検隊 | 22:31 | comments(1) | trackbacks(0)
旅祭!〜地球探検隊編〜
 
明日は、地球探検隊が毎年参加している、

「旅祭」!

ブースの中や、あんなことやこんなこと。
今まで以上に気合い入ってます、今回。
サポスタのみんなが、大勢お手伝いしてくれてます、今回も。

新ロゴのステッカーも作っちゃったし(かなりの出来です〜)、
フライヤーも素敵な感じ。

旅したばかりのマチュピチュの旅話を、
一緒に行ったメンバーが語ってくれることも楽しみ♪
みんなに遊びにきてほしいです〜










地球探検隊 | 19:02 | comments(1) | trackbacks(0)
Peru to NY。
 
あぁ、登っちゃった。
45kmの道のり、最高地点は4200m。
山を越え谷を越え、自分の足で辿り着いた場所。

インカトレイルを歩く旅。
メンバーと一緒に無事、
朝靄の中に佇むマチュピチュと出会えた。
4日間かけて歩いた者だけの特権。
この感覚は、想像以上だった。


いろいろ書きたいこともあり、写真もUPしたいとこだけど・・・
いましばし、NewYorkに滞在中。
ペルー旅の余韻を漂わせつつ、ひとりボーっと過ごしてます(笑)


あぁでも。
今週末の「旅祭」に向けて、気持ちを切り替えねば!
伊豆トレランもあるし、オフィスの引越しもあるし、
盛りだくさんな5月になりそうです〜。




地球探検隊 | 19:06 | comments(1) | trackbacks(0)
〜極北を愛する人の東日本大震災応援プロジェクト〜
 
Alaska&Canadaをこよなく愛する、元・探検隊スタッフの涼子さん
彼女が、一から立ちあげた、応援プロジェクト。

涼子さんが持つ、色々なつながりが詰まっています。
「極北」と、「写真」と、そして「人」。
彼女だからこそできること、なんだと思います。
私も声をかけてもらい、アラスカの写真で参加する予定です。

写真でつながる何か。
何かを見いだしてくれる誰か。

気づかされることを、
ちゃんと受け止めていこうと思います。

いろんな情報がある中ですが、
ご賛同いただければ嬉しいです。

*****

『極北を愛する人の東日本大震災応援プロジェクト』

全世界の極北ファンの人たちが、「楽しみながら」参加できる、
大震災復興ファンドレイジング・プロジェクトを立ち上げました。

趣旨に賛同してくださった極北を愛する写真家、冒険家の方々が、
極北の光景写真を、数多く提供してくださっています。
写真は、PCの壁紙等として、自由にダウンロードできます。

ダウンロードと引き換えに、ファンドレイジングにご協力ください。
尚、金額の多寡は問いません。既に他機関への募金、ボランティア等、
それぞれに活動されている方も多いかと思います。
ただ、立場を越えた「極北ファン」の繋がりと温かさと力を、
募金という形で表明することで、参加者全員が気持ちを共有できたら嬉しいです。

様々な垣根を越えて、極北を愛する人という立場から、
震災支援の輪が広がることを祈ります。




デザイナーからのメッセージ(涼子さんBlogより):
「極北を愛する人たちの想い、人のあたたかさを
人の手や写真をハート型にすることで表現しました。
また、その想いを受け取り、届ける。届けるその先は、
光(チラシの上ではNorthern Lights)に溢れますように」


*****
●極北を愛する人の東日本大震災応援プロジェクト

http://teratown.com/NPFP (写真ダウンロード)

http://justgiving.jp/c/6050 (寄付受付)


地球探検隊 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(1)
*営業時間*
 
社内で話し合った結果、今週一杯の営業時間を
下記のように変更させていただくことになりました。

3/14(月)     〜17:00
3/15(火) 12:00〜17:00
3/16(水) 水曜定休日
3/17(木)〜19(土) 12:00〜17:00
3/20(日)・21(月) 定休日
3/22(火) 11:00〜19:00(通常営業予定)

何せ少ないスタッフ人数での対応となりますので
ご理解・ご協力いただければと思います。

よろしくお願いいたします。
地球探検隊 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0)
Photo&Travel→Life。


好きなものが同じなら、
もっと楽しいだろう〜ということで始まった、探検隊の部活動。

初めてできたのは、『トレラン部』
つい最近できたのは、『自転車旅同好会』

に続くのは…

『写真クラブ』(仮)。

というのは、どうでしょう。

実はまだ、アイデアの段階ですが・・・
言っちゃったな〜
言ったからにはやらねばね、笑。


きっかけのひとつは、
私自身、写真が好きなこと。
もちろん、旅も好き。
人生のほとんどは、この2つに携わってる気がするから
探検隊でつながってる、「旅の縁」プラス
これからは、「写真好きの縁」もつないでいけたらと。

『好きなものを、好きなように撮る。』

↑ ↑ ↑
とりあえず、これがコンセプト。
あ、普通すぎますか?(笑)
シンプル is ベスト、です。

メンバーは私と旅したことのある人、
ぐらいの狭い感じでいこうかと・・・狭すぎか〜。
また形になったら、ご報告しまーす。





地球探検隊 | 21:38 | comments(1) | trackbacks(0)
<< | 2/4PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Twitter
bluesky
OTHERS
RECOMMEND

ぼくを探しに
ぼくを探しに (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン
旅にでることは、
自分に向かうこと。
足りないものをひっくるめて、
自分を認めてあげること。
大切なことは、いつもシンプル。
10年以上前からの、
私のココロの一冊です。
The Rose
The Rose (JUGEMレビュー »)
Bette Midler
中学生の時、ふと、聴こえてきた曲。
『The Rose』
一瞬でこの曲に落ちて、
今でもBestSongです。
周りにいる大切な人たちを想う、
ココロの一曲です。
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば (JUGEMレビュー »)
Beretta P‐07
フォトグラファーが、
自ら撮った写真に言葉をつける。
私の写真も数枚載ってます。
あの頃の、
『語る写真』への思いがつまってます。
SPONSORED LINKS