PhoTraveLife

旅と写真で綴る、穏やかな日々を。
<< まっくらやみの世界。 | main | 2011年、マチュピチュへ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
まっくらやみの世界・続
 
ひとつ前にも書いた、くらやみの世界。
ここで起こった、いろんなこと。
ハッとすることが多かったのですよ、本当に。

『気持ちの連鎖。』
これが、おっきかったな〜

このイベント、一回の定員は8名。
私&友達が参加した回は、7名集まった。
私たちの他に、女子2人組と男子3人組。

自己紹介して、スタートするのだけど・・・
中に入った時には、私&友達の2人だけ。

??なぜか??

実は、少しだけ明かりが落とされた部屋に移ったら、
なんと、男子の一人が倒れてしまった。
友達たちは少し慌てながらも、「彼はこういうの弱いんです」、と。
そしてそのまま、退場してしまった。
びっくりしつつ、お〜こういうことも起きるんだ〜と思ってたら
スタッフいわく、「滅多にないですよ。」ってね。
う〜ん、滅多にないことに遭遇したのか・・・と思いつつ、
気を取り直して自己紹介を始めたら、
今度は女子2人組のひとりが、「ちょっと休憩したい」と申し出が。。
そんなこんなで、私たち2人だけでスタートすることになってしまった。

おそらく、
最初の男子があんな風にならなければ
彼女もこんな風にはならなかった。
なかったはずのくらやみへの怖さが、そこで生まれてしまったんだろうなと。
どれだけ影響うけるのかは、人それぞれ違うと思うけど
少なからず、そばにいる人の気持ちを受け取ってしまう。

でも、受け取るのは怖さだけでは、ない。
休憩してた女子2人組が、途中で合流したとき言ってくれた。
「2人(私&友達のこと)が待っててくれたのがわかったから、暗闇に戻ってこれた。」

きっと、『喜怒哀楽』、いろんな気持ちが連鎖する。
自分から伝わることも、相手から伝わってくることもある。
そしてそれは、無意識だったりするのかもしれない。
いろんな気づきが、目の前で起こった。
くらやみの世界を通して、すごくわかりやすい形で。


私は、心地のよい連鎖がいいなと思う。
ほっとするような、そんなね。


後日談で。
この時一緒になった女子4人で、再会した。

くらやみつながり。
時におもしろい出会いがあるもんだ。










Daily | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:49 | - | -









トラックバック機能は終了しました。

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Twitter
bluesky
OTHERS
RECOMMEND

ぼくを探しに
ぼくを探しに (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン
旅にでることは、
自分に向かうこと。
足りないものをひっくるめて、
自分を認めてあげること。
大切なことは、いつもシンプル。
10年以上前からの、
私のココロの一冊です。
The Rose
The Rose (JUGEMレビュー »)
Bette Midler
中学生の時、ふと、聴こえてきた曲。
『The Rose』
一瞬でこの曲に落ちて、
今でもBestSongです。
周りにいる大切な人たちを想う、
ココロの一曲です。
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば (JUGEMレビュー »)
Beretta P‐07
フォトグラファーが、
自ら撮った写真に言葉をつける。
私の写真も数枚載ってます。
あの頃の、
『語る写真』への思いがつまってます。
SPONSORED LINKS