PhoTraveLife

旅と写真で綴る、穏やかな日々を。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
インカトレイルのハテナ。
 
交流会や収穫祭で、
「いつかはマチュピチュへ。」
という人がけっこうたくさんいた。
私も長年そう思ってたなぁってことを、思い出して
ついつい話にチカラがこもってしまった、笑。

話をしてると、マチュピチュ
インカトレッキングのいろんな??が。
想像すると過酷っぽいけど、
普通のトレッキングにはない楽しみもあったりして。

インカトレイルは、必ず現地のポーターさんが一緒に来てくれる。
歩くときは荷物をもってくれたり(重量制限あり)、
先に行ってキャンプ場でテントを張ってくれたり、
そしてそして何より、食事が豪華!って声は多いんですね〜
キャンプ料理とは思えない、フルコースで料理が頂けるのだ!
至れり尽くせりなのには、もちろん訳が。
登山者が歩くことに専念できるように、なんですよね。
高地でのトレッキングには
ポーターの彼らの存在はとても大きい。
いざという時の安心感は、パワーにもなるなぁって思います。
彼らとの交流も、この旅の楽しみのひとつです。


今年は電車で観に行った場所を、
来年は歩いて目指す。
申し込みも増えてきて、
航空券も早めの今なら、お得なものもアリなのです。
一緒に歩くメンバーがわかってくると、より楽しくなる!
あぁ、妄想が始まってきました〜、笑。


***                 ***
 「マチュピチュ・インカトレッキングの夕べ」
  11/16(火)19:30〜 詳細はコチラ
***                 ***


うっかり目が合ってしまったリャマ、in マチュピチュ。





 




南米の旅 | 10:00 | comments(3) | trackbacks(0)
半年先に立つ場所。
 
旅は来年の4月だけど、
締め切りは今年の12月。

早すぎるよね、と思いつつ
インカトレイルの旅は、
いつもよりちょっと先を、みなきゃいけない。


半年後の自分を想像するのは
簡単なようで、そんな単純でもない。
でもそれも、捉え方次第なのかな、って思う。
(最近の私のテーマでもある)

半年先に、
マチュピチュを目指して歩いてる自分。
いまから、
やりたいことを想像できたら楽しい。
結局は、
いまの自分からつながっていくことだけは確か、だから。


そういえば
私の人生の中で、トレッキングとかトレランとか
要するにアウトドアなワードは存在しなかった、のに。
いまはそれがフツウの言葉になってるから
人生なにが起こるかわからない。
昔からの友達は、みんなびっくりするんだよなぁ〜
まぁ気持ちはわかる、私だってびっくり(笑)

自分が望む、望まないなんて考える間もなく
ただひたすら目の前にある道を進んでるってこと、あるからね。

初めて買ったトレッキングシューズで、
初めて屋久島を歩いた。思い出す〜
アラスカもヨセミテ&グランドキャニオンも、仲間と一緒に歩いた。
この靴でインカ道を歩けるのは、すごく嬉しい。



***                 ***
 「マチュピチュ・インカトレッキングの夕べ」
  11/16(火)19:30〜 詳細はコチラ
***                 ***







南米の旅 | 22:22 | comments(2) | trackbacks(0)
2011年、マチュピチュへ。

 

「次くる時は、インカトレイルを歩きたい。
         自分の足でここに辿り着きたい!」

そう心から思ったマチュピチュ。

遺跡好きな私は、
こどもの頃から「いつか行く場所」と決めていた。
念願叶って初めて訪れたのは、今年の1月。
参加した多国籍ツアーで利用したのは、電車だった。
そう、さくっと見に行ったのだ。

その時まで、行く方法なんて何でもいいと思っていたけれど・・・
歩いて辿り着くからこそ、見えてくる景色があるんだろうな。
そんな、沸き上がってくる気持ちがあった。


心からの確信。
それには、きっかけがある。

私が参加した多国籍ツアーは、
二つのツアーが途中で合流するものだった。
違いはマチュピチュまでの道のり、「電車」か「歩く」か。
行く方法にこだわりのなかった私は、
日程の関係もあって電車を選んだ。
私が見たいのは『マチュピチュ』そのもの。
だから、見られるだけで満足って思っていた。

実際に、
あの幻想的な景色を目の前にした時のことは、
今でも忘れられない。
言葉にできない、なにか心が、ざわざわっとした感覚。
この場にいられて幸せと思うくらいの気持ち。
想像を超えていた、あの空気感。
ずっと、思い描いてた場所にいる。
満足だった。
念願叶ってここにいることに。


ふっと心が動いたのは、
インカトレイル組のメンバーたちと合流した時。
みんな、歩ききった充実感やキラキラとした表情をもって、
ほんと輝いていた。
彼らは、3泊4日をかけてここまで登ってきて、
その分の景色や体験がまるっとプラスされてるんだって
一瞬でわかった。
彼らと私が見ている景色は同じ。
でも、きっと、ちょっとだけ違う。

「あ、私もやってみたい。」、そう素直に思った。
登れるかなぁとか体力ないしなぁとか
なんだかんだと考えるんじゃなく、
ただシンプルに、私も歩いて、
マチュピチュに辿り着きたいって思った。


今年、私が訪れたまさに数日後。
洪水でマチュピチュへの道が閉ざされた。
Limaの宿で会った人がヘリで救出されたと聞き、
その後会った旅人たちは、向かうことすらできなかった。
ほんのちょっとの、旅のタイミング。

2011年GW、インカトレイルを歩く。
これもきっと、絶妙な旅のタイミング。


「いつか」ではなく「いま」、一緒に歩いてみませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南米の旅 | 07:45 | comments(4) | trackbacks(0)
旅と写真といつもの日々と。
 
旅から戻ってきてから、ちょっとめまぐるしい日々。
この頃、もとの感じに落ち着いてきたかなぁと思いつつ
やっぱりどこか旅の名残りアリです。

そんなこんなしてたら、
きのうはトレランの夕べがあって
今週末には、ボリビアの夕べだ〜
帰国から3週間もあるから、のんびり写真セレクトでもしよ〜・・なんて思ってたら
2週間経った今現在、やっと、場所のフォルダ分けに成功(?)
明日からが勝負だな〜
追い込まれて動くこと、かなり得意です。
いや、なんの自慢にもなりませんが・・・(笑)

そんなぐーたらっぷりですが、ちゃんと決めてることもアリ。
旅のあいだからやりたい!と想像してたこと。
夕べで、ミニ写真展やろうかな〜、と思ってます。
ペルー&ボリビア&イースター島、
有名どころだけじゃなく、いろんな場所の、
惹きつけられるような雰囲気を感じてもらえたらと。

言葉にしたら、気持ちがまっすぐ向かっていくな〜
夕べのあとは、月1パーティーもあるので
遊びにきてくださいな。

ボリビアの夕べ  3月13日(土)15:00-16:30  

予約はこちら → https://www.expl.co.jp/event/rsv_form/0313.html

*****

ちょっとだけ、写真をpick upしました〜

☆ボリビア・ラパスの街並、山がぐるっとある風景に、盆地の実家を思い出した(笑)

ウユニを駆け抜けた、4駆車。水が張ってるため、のんびり運転。

目の前に広がる白い世界、
魅入ってしまうくらい幻想的だった。

好きな遺跡Best3の中に、マチュピチュとモアイは確実だな〜もう1回行きたい。


人々の服もビルの壁の色も、街のカラフルな色合いが楽しかった。

恋い焦がれたモアイさん。
いろんな形の、いろんな景色に溶け込むモアイたちにココロ奪われた(笑)


イースター島のラパヌイ祭りに、ちょうど良く遭遇!
Dance&Music、島人たちの笑顔にこっちまで楽しくなった。


朝焼けモアイに・・・

夕焼けモアイ。モアイ三昧です〜

のんびりと流れる島時間。
遠いとしても、また訪れちゃうんだろうなって場所、なんとなくわかる。






















南米の旅 | 13:12 | comments(2) | trackbacks(0)
探検隊の空の下より。
 
ただいまー、です。

南米の旅より、帰国しました。

「南米」とひとくくりにできるほど、周りきれてはないけど
ペルー&ボリビア&イースター島、
どれも、ずっと行きたかった場所だったから
今とても、満たされた思い。

でも、どんな風に・・・と言われると
ちょっとまだ、言葉にできないんだよなぁ。
いまは旅の余韻と、
日本のイロイロの空間で、
ゆらゆらしてます。

今回の旅は、なんというか
「あっという間」という感覚がまったくなくて、
1日1日、
その場所で、
いる時間を、
しっかり過ごしてきたって感じです。

旅の神様がいるとしたら、
いろんなことに味方してくれたような、そんな旅でした。


そして、

3月13日(土)・「ボリビアの夕べ」、開催します!

まったり話そうかな、ぐらいしか決まってませんが
撮りまくってきた写真の充実度、自信アリです(笑)
旅話も写真も、整理していかなきゃ〜
ぜひぜひ、おいでくださいね。


**

それから・・・
メールやコメントをくれた皆さま、ありがとうございます。
旅先でもらう言葉は、とても嬉しかったです!













南米の旅 | 13:11 | comments(2) | trackbacks(0)
モアイ、イースター島の空の下より。
 
ずっとずっと、
恋焦がれていたひとに会えました。

その名は、モアイさん。

いま、イースター島に来ています!


旅の最後をのんびり過ごすのには、ちょうどいいなーと思ってたら
島では、一年に一回のフェスティバルだった!

ラパ・ヌイ祭り。

なんというタイミング。
知らなかっただけに、嬉しさも倍増です!
島中が盛り上がっていて、
ここにいるだけで、すごいパワーを感じてます。
島人たちの笑顔に、惹きこまれてしまってます。

夜は歌ありダンスあり屋台あり・・・
そして、今夜はお祭り最終日。
イースター島の女王が決定します(笑)

この雰囲気に幸せを感じつつ、
これから、
モアイと夕日のコラボ、見に行ってきます。

日本に気持ちを向けつつ、
旅の日々をもう少し、楽しもうと思います。


モアイの空の下より。





南米の旅 | 09:22 | comments(2) | trackbacks(0)
Uyumi Salt Lake!!

Uyuni is so amazing!
No more words!!


















南米の旅 | 01:20 | comments(5) | trackbacks(0)
Bolivia, from under the sky of LaPaz.
 
*I can´t write it in Japanese, sorry about my English. 


Hello! 
I´ve just arrived to LaPaz in Bolivia.
I traveled around in Peru for 2weeks,
visited to many places so far.
It was so amazing!


I joined the tour of ¨Bolivia on a shoestring¨,
I have 9 members in this tour.
I really enjoy travelling with them,
and I´m sure that will have unforgettable days.


and.....
I´ve heared about MachuPichu.
Its so serious thing happen.
It was so beautiful sienerery when I went there 9 days ago, so.
I hope  it would be good as soon as possible. 




well,  I´m going to Uyuni tomorrow.
It is one of my highlight in this trip, Salt Lakes Excursion!!


See you soon and hope you have a good day!







南米の旅 | 04:27 | comments(1) | trackbacks(0)
Peru、Limaの空の下より。
ひとりで旅する感覚。 

宿のまわりを歩いて、近くのスーパーに行ったりする。 
地元の人たちに、カタコトのスペイン語でしゃべってみる。 
出会った人たちと一緒に旅話をする、ご飯を食べる、街にでる。 

そんな旅の日常が始まった。 


 なにものでもない、 

 ひとりの旅人。 


この感覚が、心地いい。

単純な私は、
早くも果てなく世界を周れそうな気分になってきた。


リマの都会っぷりに圧倒されつつ、
旅のスタート地点としては、とてもおもしろい場所。 
1日、1ヶ所、見たいところに行く。
のんびりの日々を過ごしてます。


ではまた、どこかの街にて。











南米の旅 | 14:26 | comments(3) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Twitter
bluesky
OTHERS
RECOMMEND

ぼくを探しに
ぼくを探しに (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン
旅にでることは、
自分に向かうこと。
足りないものをひっくるめて、
自分を認めてあげること。
大切なことは、いつもシンプル。
10年以上前からの、
私のココロの一冊です。
The Rose
The Rose (JUGEMレビュー »)
Bette Midler
中学生の時、ふと、聴こえてきた曲。
『The Rose』
一瞬でこの曲に落ちて、
今でもBestSongです。
周りにいる大切な人たちを想う、
ココロの一曲です。
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば (JUGEMレビュー »)
Beretta P‐07
フォトグラファーが、
自ら撮った写真に言葉をつける。
私の写真も数枚載ってます。
あの頃の、
『語る写真』への思いがつまってます。
SPONSORED LINKS