PhoTraveLife

旅と写真で綴る、穏やかな日々を。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Dramaticな屋久島。
屋久島の旅。
やっぱり、心地よいなぁ。

台風接近してても
天気のタイミングに恵まれて、
森も沢も海も虹も
青空も朝焼けも夕焼け空も
一匹の子亀が海に向かう姿にも、出会えた。

自分の中の何かが、
すーっと流れていくような感じがしていた。
旅のあいだ、ずっと。

そんな旅を共にしたメンバー。
チーム名は「Dramatic Tyhoon」!
もうほんと、
ドラマチックな出来事が満載のメンバーでした、笑。

最後の温泉にて。
みんな、ありがとう〜





屋久島 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0)
屋久島が、つなぐもの。
屋久島のガイドさん、
けんちゃん&なおちゃん。

「屋久島の木を磨くワークショップ」
は、彼らの想いが詰まってる。

東北へも何度も足を運び、
いろんな縁を、つないでる。

そんな中で開催してもらう、
ワークショップ in 探検隊オフィス。
いつものことながら、大人気!
2人を知ってる人も知らない人も、
リピーターの人から初の人まで、
「屋久島」「木を磨く」のキーワードで、
集まる人たちは、やっぱり、
呼ばれるものがあるんだよね。
絶妙なタイミング、で訪れる、何か。

私も、歴代の磨いた木たちを持って参加。
今回で、6代目。
ふと、愛しの姪っ子の
誕生日プレゼントにしようと思いたった!
すでに喜んでる顔がイメージできるなぁ、
まだ出来てないんだけどね(笑)

誰かのために磨くのは、初めて。
想いを込めて、磨こう〜。



2人がつなぐものは、とてつもなく大きい。
けんちゃん、ありがとう。
なおちゃん、いつもありがとう。

ワークショップは、これからも続きますよ〜

森の旅人HP→
http://www.moritabi.com/
ワークショップ→
http://morinotabi.exblog.jp/17318056/



右の白い木が、姪っ子へ♪


















































屋久島 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0)
自由人`s、屋久島へ再び。
 
ついさっき、
去年のGW屋久島メンバーから、電話がかかってきた。

場所は、屋久島から!

チーム「自由人`s」は屋久島を、正確には、
けんちゃん&なおちゃんがいる屋久島をこよなく愛していて、
再び、屋久島に集まってるんです。
電話とはいえ、
つながってることでその場にいるような感じがして、
すごく、すごく嬉しかった!

あの旅から1年以上経っても、戻りたい場所には変わりなくて、
それぞれの忙しい生活の中、日程を合わせて集まってる。
(ほんとは私も行く予定だったけど、泣く泣く断念・・)


チーム名のとおり、みんな自由な感覚を持った人たち。
それでも、決してバラバラなわけではなくて。

みんなと一緒の中で自由でいることと
ひとりだけの中で自由でいることは、
同じように見えて全然違う。
それが、このメンバーと旅して、気づいたこと。
あれからいろんなことが、回り始めたんだよなぁ。


今回の旅の報告会も企画して〜とお願いしてみた。
きっと近々、屋久島の空気感を漂わせたみんなと会えるんだろうな〜







屋久島 | 23:21 | comments(4) | trackbacks(0)
屋久島の旅日記 〜後編②〜

屋久島の旅、4日目の最終日は

西部林道の森をトレッキング。


と、その前に。

海を眺めながら、白い砂浜でいただく、朝ごはん。

ちょっとひやっとする朝の空気って、やっぱり気持ちいい。



ガジュマルの森は、私たちの貸し切りだった。

出会うのは動物さんたちだけ。


こんな風に、樹々に触れて、感じる。





そんな森の中でも、遊び心はかかせません。

前日決めたチーム名、

「きーぼー`s Angels with 犬×2」のイメージ写真(笑)

色とりどりのレインジャケットが、なんかそれっぽい?

右端でちょこんと座ってるのは、犬ポーズの、けんちゃん。

役になりきるって大切です、さすがです〜


樹のアート、完成♪

選ぶ樹の形も、その人を表すのだとか。う〜ん、納得。



海を見渡せる岩の上。急勾配です、けっこう。

うっかりすると転がります。まじで(笑)

みんなそろって同じ格好なのは、


風が気持ちいいから〜。



旅はあっという間だとよくいうけれど、最近そうは感じなくなった。

ちゃんと「旅の時間」を過ごしてるっていう感覚の中で

一日一日を、その時の「今」を、

楽しもうという気持ちが強くなったから、ね。


メンバーがふと呟いた一言。

「けんちゃんとなおちゃんを通して屋久島をみれてよかった。」


何回訪れても、私は、

屋久島に帰りたいと思い続けるんだろうな。

正確に言えば・・・

けんちゃん&なおちゃんと旅する屋久島に。



写真交換会は、来週末に決定♪

きーぼーからAngelsへの招集がかかったので(笑)







屋久島 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0)
屋久島の旅日記 〜後編①〜
 
さ〜だいぶ経ちましたね。 屋久島の旅日記〜前編〜から。
自分ののんびりっぷりに残念ですが・・・(笑)
でも、旅の記憶はまだまだ新しい。
戻りたいなぁって今でも思ってます。
体も無事に復活してきたので、後編①いきます〜

3日目は、屋久島の水を巡る一日。
川で、滝で、海で、水を感じる時間。
屋久島の旅では恒例となっている・・・

ジャ〜ンプ!!

お、一発目でこのまとまり感。
高さがピッタリです。
この後も何回か飛んだけど、体力消耗が激しい!
けんちゃんのジャンプのこだわり、すごいんです〜


ここで飛ばす、葉っぱ(名前忘れちゃった・・)。
風に舞うんだよね、くるくるっと旋回しながら。
なおちゃんの一言、「天使の羽根みたい。」



さてさて。
朝ごはんはしっかり食べてきたし、この後お弁当もあるけれど・・・
パン好きにはたまらない、天然酵母のパン屋さんに寄り道です♪
地元でも人気なだけあって、うまかった〜〜

動物たちにも出会えるよー。
ヤクザルさん、ちょこんと座る姿と遠くを見つめる姿が愛らしかったな〜

ヤクシカさん、姿が森の中に溶け込んでるんだよね。
おしりの「白」が見つけるポイント。かわいいです♪


一つの場所で、のんびりのんびり過ごすから
けんちゃん&なおちゃんが案内してくれる旅は、
いわゆる「観光」って感じじゃない。
みんなといる場所で、自分の時間を感じられるような、
そんな心地よさがあるんです。

前日の森を感じてきた余韻を残しつつ、水の流れを見てると
なんだかこう、
自分に流れこむものと流れ出るものを感じるような、
透き通っていく気持ちになるんだよね、不思議と。


ここでも、ジャ〜ンプ!!

実はこんな岩の上!!!でも爽快だった〜


誰もいない海で遊びながら、

けんちゃんの森旅工房。
樹を磨いて、ネックレスやストラップを制作中。
樹を磨いていくことで、自分を磨くような、そんな感じかもしれない。
色合いとかを考えながら、アートしていきます!
これが迷いに迷ってなかなか決められないんだよね〜

ゆっくりと落ちていく夕日を見ながら、
みんなで遊べることはまだまだあるんです〜

けんちゃんとなおちゃんの、穏やかなカメラ目線。
大好きで、ステキな2人です。




夕日が沈むのを見届けてから、夕食へ。
けんちゃんの「チーム名ってどうするの〜??」の一言から始まった、
名前決めミーティングは、大爆笑の渦!

その名は、「きーぼー`s  Angels with 犬×2」
・メンバー紅(黒?)一点の、きーぼー。
・けんちゃん改め→犬×2(けんけん)
2人が主役級の存在ということで・・
チャーリーズエンジェルの映画にひっかけました〜
もちろん女子みんながAngels(笑)

きーぼーが招集かける時は、映画風によろしくねって感じで
もう〜ほんとお腹抱えて笑ってたな〜
こんなに早くチーム名がきまっちゃうのは初めてかも。
そんな主役級のはずの2人は、片付けをしてくれてました(笑)




屋久島の旅、後編②へ続く〜






屋久島 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0)
屋久島の旅日記。〜前編〜
 
「癒される」って言葉だけで表すのはもったいないくらい、
「なにか」を感じる場所が、屋久島。

私にとって2度目の屋久島の旅も、もうほんと、
いい旅してきました。
いろんなこと洗い流して、大笑いして楽しくて。
う〜ん、本気で屋久島担当になりたい・・・

今回は何と、女子7&男子1の極端なメンバー構成!
一応(?)、私も女子なので、8。
ガイドのなおちゃん入れて女子9人目。
ここで頼みの綱、けんちゃん入ってやっと男子2人目(笑)
女子パワーたっぷりの中、さらっと爽やかに受け止めてくれた男子たち。
それが良いスパイスになって、絶妙なメンバーだったな〜と思う。
これが後々、チーム名にもつながるんだよね。
それはまたあとのお話で。


1日目は早朝5時出発。
早すぎるということなかれ、
朝日を見ながら朝食を食べる、贅沢な時間のためなのだ。
日の出を待つ間の、あのピンとした冷たい空気がまた気持ち良くて。



これからの一日、
白谷雲水峡の森を歩き、太鼓岩を目指す。
ルートを教えてもらって、お揃いの杖もって出発〜。


GW中だけど、早めに歩き始めたからあまり人とすれ違わない。
誰もいない森の中を、歩いて行く。

どんどん、森の奥へと続く道なき道。

時々、立ち止まって写真タイム。
私のカメラで撮ってもらう時は、みんなに目線を外してもらってました〜
それぞれの視線の先に、それぞれが見てる風景がある。
なにを見てるんだろう。
っていう写ってない部分へつながるような、想像がある気がするから。
このあたり、けっこう自己満足の世界になっちゃってますが、ご了承ください(笑)

あとは、気づかれないように撮るのも好きです。自然なね。

森を歩いてると出会う、生きてる樹々たち。
そびえ立つ樹だけじゃなく、おもしろい形で好きなように存在してる。



そしてそして・・・太鼓岩へ。
黄砂が飛んでて霧がかかったようだけど、墨絵みたいな雰囲気ある山々の眺め。

岩の上の特等席で、みんなでお昼寝。(と言ってもまだ朝の10時くらい)
ぼーっとしてるだけでも気持ちよかった〜

ここで、おもしろ実験。
叫んだら山びこは本当にはね返ってくるのかどうなのか〜
しかも言葉は、定番「やっほー」ではなく「おい!」
なおちゃんによると、短い母音の方がいいらしい。
みんなで「おい!」(遠くから)〜オイ〜オイ〜オイ〜、はい実験成功です(笑)

帰り道。
森の中の「ひとりの時間」がある。
人が目に入らない、自分の場所を見つけてね〜と言われて
ひとりひとり、森の奥へ消えていく。
あの雰囲気、たまらなく好きなんだよなぁ。
思い思いの場所へ、向かっていく感じがね。
今日はここに決めた。

見上げると・・・

みんなでいる中の、「ひとりの時間」。
これってけっこう、「心に残る時間」。


*****


本日のトレッキング、無事終了〜
ヤクルト or ビールで「乾杯〜!」


自炊のこの日はトマト鍋。
チーズも入ってます。コジャレてます〜

けんちゃん&なおちゃん、特製のサラダに餃子。

宿のおかみさんの郷土料理やお刺身、
たらふく頂きました!ごちそうさま〜

















けんちゃん&なおちゃんを通して見る屋久島は、
ほんとうにあったかい。
2人に会えばわかる、話せばわかる。
でも、伝わってくるって言い方が、一番しっくりくる。
うん、じわじわ浸透してくる感じ。
だからまた会いたくなるし、屋久島に戻りたくなるんだろうなぁ。
「森の旅人」ってぴったりすぎる名前だなぁって思う。
そんな2人のワールドに、いざなわれる夜なのでした〜



*屋久島の旅、後半につづく〜*











屋久島 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0)
4月の屋久島。
 
もうすぐ、もうすぐ。
1年ぶりに訪れる、2度目の屋久島。
4月の屋久島に縁があるのか、
この時期に集まるメンバーに縁があるのか、
きっとどちらもなんだろうな〜


出発前って、やっぱり準備にバタバタして
んで、けっこうドキドキする。
人生いろんな場数を踏んできたつもりだけれど
旅の前のドキドキ感とかなりの緊張感は、
これからもずっと続くんだろうなぁと思う。
慣れるってことは、ないんだと思う。
あ、もちろんいい意味で。
小心者なりに、その感じ、好きだったりします。
メンバーみんなが初めて顔合わせした時のぎこちなさから
少しずつ変わっていく雰囲気が、ね。


マチュピチュにグランドサークルにサハラ砂漠に無人島キャンプ。
みんなの旅話も楽しみな〜。
明けて6日からは、隊長と2人オフィスが4連チャン。
あら、まー(笑)

ではでは、行ってきます〜







屋久島 | 01:51 | comments(2) | trackbacks(0)
屋久島、再び。
 
今日はなんだか、
春がやってきそうな空気で嬉しいな〜

あったかいのはココロも体も心地いいです。

初のトレラン1泊ツアーは、箱根で来週開催だし、
それに合わせて、年末オーロラの旅の写真交換会も箱根なんだよ〜

かな〜り充実した3連休になりそうです。


そして次の旅、GWは・・・あの場所へ帰ります。

「屋久島」。

ここはほんとに、言葉に表せないほど
惹きつけられるもので溢れてます。
ココロもカラダも、ふーっと開いていくような感覚。
そんな場所に戻れるのが楽しみです。
(一度行くと、帰りたいとか戻りたいって思いになるのが、不思議)

ガイドをしてくれるのは、
森の旅人、けんちゃん&なおちゃん。
とてもとてもステキな2人です。

もし、屋久島に呼ばれている気がするなら・・・
ぜひぜひ、一緒に行きませんか。
まだ間に合いますよ〜(^-^)/

「屋久島:生命の営みを感じて遊ぶ4日間」
〜 滝、川、海、そして森 ・・・ 水を巡る旅 〜

日程:2010年4月29日(木・祝)〜5月2日(日) 4日間
詳細→ http://www.expl.co.jp/shugaku/kikaku/kokunai/yakushima/20100429/index.html



*****


いつもあんまり使わない言葉だけれど・・・森に差しこむ光はとても、「美しい」。






樹の色にも、いろんな色があるのに気づきます。触れると、普通じゃないくらいのパワーが〜


朝食は、こんな風にまったりと海辺で。


樹を磨いて、樹に気持ちを向ける。去年からずっと、大切につけてます。







屋久島 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0)
自由人`s 、再び。
 
4月の屋久島で一緒だった、自由人`sのメンバー。
先週末、8人中5人が、屋久島の地で再会しました。
私はその場にいることができなかったけど、
なおちゃんのいつもの穏やかな言葉と写真で
しっかり感じることができました。

旅のすぐ後から、写真交換会は屋久島で。
という話が持ちあがるほど、
屋久島はもちろん、
ガイドをしてくれたけんちゃん&なおちゃんに
会いたくて会いたくて仕方なかったのです。

屋久島に呼ばれる・・・とするなら、
私のその「時」は、まさしくこの旅だったんだなぁと思います。
あれから目まぐるしく、いろんなことが変わっていったから。
なおちゃんに伝えたらきっと、
「それは自然とつながってるからだよ〜」って
笑ってさらっと言っちゃうんだろうな。

第1回、名古屋。
第2回、屋久島。

次の再会場所はどこだろう。
きっとまた、屋久島案、でるかもね。
あ、その前にひとりで行っちゃうかもしれないな〜

それくらい
惹きつけられる人がいて、
心にストンと何かが落ちる場所。


う〜思い出してたら、ますます行きたくなっちゃったよー。
そういえば大阪から直行便がでた・・羨ましい。
東京からもだしてほしいなぁ。

旅したい症候群、再燃中です。


4月の屋久島にて。








屋久島 | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0)
from 屋久島 to 名古屋。


行ってきました、名古屋。

集いました、
屋久島、自由人`sのメンバー


屋久島で毎日ジャンプしてたので、


とりあえず、熱田神宮でジャンプ。



奇跡の全員集合!の予定だったけど

緊急事態により、1名電話参加。
それでも気持ちは、全員!って感じでした。

行きの車の中から大盛り上がり、
名古屋の名物食べまくり、
夜は浴衣でまったり。
翌日は
別の旅で一緒だった人たちも交えて
みんなで名古屋観光。
何から何までありがとうね、名古屋嬢♪


今回の写真交換会、
あるサプライズを企画してました。
構想2ヶ月、完成当日。
ただいま、受験勉強真っ最中のメンバーへ、
若き誘惑に打ち勝つ(?)ための
応援メッセージアルバム。


自分の好きな写真に、言葉を添えて贈りました。
お気に入りの写真・・・のキーワードで
屋久島の写真を選んだ人が多い中、
まさかの冬のアラスカ、
アイスフィッシングをして微笑む写真が一枚!!

そのセンスがステキです、男前・名古屋嬢(笑)

一回りくらい年齢が違ってても、違和感なく溶け込んでたり
世の中を悟ってるような言葉が多いその彼を、

みんなで長老と呼んだりしてました。
でも、新しいことを知るたび、見るたび、聴くたびに
どんどん吸収している姿をみると、
全力で未来に向かってるんだなぁ、と。
影ながら応援してるよー。

「いま、これから。」の気持ち。
何歳になっても、持っていたい心意気です。

Never too late & Just do it。



そうそう。
このサプライズに神経を注いでたら・・・
なんと私までサプライズされてしまいました。
BirthdayCardに、みんなの寄せ書き。
しかも、けんちゃん&なおちゃん の直筆の言葉まで!
あ〜〜、全然ノーマークだったな〜と思いながら
ほんとね、嬉しかったです。

あ、みんなの浴衣姿、公開しちゃった。
私は手の出演のみ・・・(笑)



みんなと、屋久島を旅できてよかった。


ありがとう。





屋久島 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/2PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Twitter
bluesky
OTHERS
RECOMMEND

ぼくを探しに
ぼくを探しに (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン
旅にでることは、
自分に向かうこと。
足りないものをひっくるめて、
自分を認めてあげること。
大切なことは、いつもシンプル。
10年以上前からの、
私のココロの一冊です。
The Rose
The Rose (JUGEMレビュー »)
Bette Midler
中学生の時、ふと、聴こえてきた曲。
『The Rose』
一瞬でこの曲に落ちて、
今でもBestSongです。
周りにいる大切な人たちを想う、
ココロの一曲です。
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば (JUGEMレビュー »)
Beretta P‐07
フォトグラファーが、
自ら撮った写真に言葉をつける。
私の写真も数枚載ってます。
あの頃の、
『語る写真』への思いがつまってます。
SPONSORED LINKS