PhoTraveLife

旅と写真で綴る、穏やかな日々を。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
惑星地球の写真。
 
最近あった、嬉しいこと。
先月、フォトコンテストで優秀賞を頂きました。

「惑星地球フォトコンテスト」
というネーミングに惹かれて、
昨年旅した”ボリビア・ウユニ塩湖”の写真を応募していました。

自分が好きな旅の世界を、
自分が好きな写真の世界で表現できること。
こんな風に評価してもらえるのは、やっぱり嬉しいです。



小さい頃からずっとそばにあった、カメラ。
そして、写真を撮ること。

違う道に進んで、でも好きで、突き進みたくて、写真を学ぼうと決めた時。
そんな、学校に入った頃の、ちょうど5年前の記憶が蘇ってきます。
それまで想像でしかなかった世界に飛び込んでみたら、
そこが自分のフィールドになっていく、感覚。

始めるか、始めないか。
ただ、それだけなんだろうな。旅も写真も、何事もきっと。

これからも、写真を、写真を撮ることを、
こよなく愛していこうと思います。

と、思う今日この頃です。


*ちなみに、探検隊写真クラブは3ヶ月以内くらいに立ちあげる予定です。(たぶん、笑)
参照→Photo&Travel→Life。
 

あ、そんなこんなしてたら、あっという間にGW。
明日からペルーへ旅立ちます♪ 
思えば、あの旅からすっかり南米好きになってしまった。
今回はインカトレイルを歩いてマチュピチュへ〜

では、行ってきます!

*****


極北を愛する人の東日本大震災プロジェクト
●極北を愛する人の東日本大震災応援プロジェクト

http://teratown.com/NPFP (写真ダウンロード)

http://justgiving.jp/c/6050 (寄付受付) 







Photo | 20:22 | comments(1) | trackbacks(0)
Photographed by someone。
 
今年もまた、
この写真展が巡ってきました。
これも、東京写真美術館にて。
 


世界報道写真展2009

写真そのものに、
伝える言葉が溢れてます。
とても深く、
心にズンと響くような写真。

一枚一枚
そこに至るまでのストーリーが込められていて、

もしかしたら

現実に起こっているそのものよりも、

人の想いを

リアルに写し撮っているのかもしれない。

世界のどこかで起きているという、事実。
「どこか」は遠い世界のことだけでは、ない。
重いテーマ、とだけ言ってしまいたくないくらい、
どれも、圧倒的な力を持っています。


Photograper
の力?

写っている人たちの想い?


たぶん、その場にあるもの全てが必然。

それらの写真は、たまたま撮れたわけでは、ない。
それは、技術とかタイミングとかそういうのを超えていて、
何か、こう、信念のようなものがあってこそ撮れるもの、だと。

もし、自分がその場所にいたら、
どうするのか、どう感じるのかを思い描く。
ちょっとずつだとしても、何をしていけるのかを思い描く。
いまの私にとって、大切なことだと捉えよう。

Photo | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0)
時代は巡る、写真も巡る。


恵比寿にある、東京写真美術館

ここ、よく行きます。
様々なテーマの写真展、企画展、映画が観れるんです。
ゆら〜ゆら〜と歩きながら、
ひとり、まったり写真の世界にひたれます。

今回観にいったのは、『旅』がテーマの写真展。

『旅』  第1部・「東方へ 19世紀写真術の旅」

いまどきの写真ではなく、
写真というものが珍しかった時代の、古い写真。
カラーよりも、セピアよりも、モノクロよりも、
もっともっと原始的で、褪せた色。
華やかではない分、自分で想像できる部分が多いような気がするなぁ。

これは、
第2部・第3部と続いていくので、
その時代に思いを馳せながら
だんだん旅モードを取り込んでいけそうです。

ふらっと、ぶらっと。
興味あればぜひ。


******

七夕の夜、ふと窓の外をみたらポッカリとした月。
うわっでかっ!と慌てて撮ったら少々ブレ気味(笑)
都会の月もなかなか。いいもん見れたな〜

 

Photo | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0)
Photo&Travel&Life。


365ぶんの1。

新しい日々も、

写真と旅をそばにおいて、

楽しんでいこう。



    地球はいっこ、大切に生きていけたら。          **photo by koma**







Photo | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0)
この先にあるもの。

  ずっと、走り続けてきた道。

 

 道の向こうに、見えたもの。
 
   辿りつく場所は、
   
      必ず、

      ある。

この島に吹く風と暮らす人、
とても、穏やかだった。
旅して日本の良さに気づく、改めて。

数ヶ月前に訪れて、
いまだ、
ココロに残る場所。






                                     **photo by koma**
Photo | 22:02 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Twitter
bluesky
OTHERS
RECOMMEND

ぼくを探しに
ぼくを探しに (JUGEMレビュー »)
シェル・シルヴァスタイン
旅にでることは、
自分に向かうこと。
足りないものをひっくるめて、
自分を認めてあげること。
大切なことは、いつもシンプル。
10年以上前からの、
私のココロの一冊です。
The Rose
The Rose (JUGEMレビュー »)
Bette Midler
中学生の時、ふと、聴こえてきた曲。
『The Rose』
一瞬でこの曲に落ちて、
今でもBestSongです。
周りにいる大切な人たちを想う、
ココロの一曲です。
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば
フォトサプリ―フォトグラファーが大事にしている176のことば (JUGEMレビュー »)
Beretta P‐07
フォトグラファーが、
自ら撮った写真に言葉をつける。
私の写真も数枚載ってます。
あの頃の、
『語る写真』への思いがつまってます。
SPONSORED LINKS